被写体は家の中にあり?インドア派のカメラマンに俺はなる!

被写体
カメラを手にしたら外で撮影を行うものですよね。ですがあえて今回は家の中から被写体を探してみてはどうでしょう。お気に入りのフィギュアや自慢のペット、今日の夕飯などきっと撮影してみるものがあるはずです。そこで屋内撮影で使えるテクニックとオススメ被写体をご紹介します。

屋内撮影の基本

屋内で撮影すると暗い写真ばかりに…なんてことは1度経験したことがあるのでは無いですか。これは単純に光の量が足りないから起きてしまうことです。ならフラッシュを使って撮影をすればいいかと思うとこれも味気ない写真になってしまう。フラッシュを使うと被写体に不自然な影ができてしまうのです。しかしフラッシュがないと手ぶれが起きてしまいます。この手ぶれはカメラが光を多く取り込もうとしてシャッタースピードを遅くしているために起きてしまうのです。

そこで、まずはISO感度を上げてみましょう。これはカメラの光を感じる強さを調整する機能で、これを利用すればフラッシュを使わず、手ぶれを押さえながら撮影ができます。ただし、カメラの性能次第であげすぎると画質に影響しますので、そのあたりは調整が必要になります。屋内での撮影でしたら数値を400から800で調整すれば十分でしょう。

次にF値を小さくします。F値の数値を小さくするとシャッタースピードを速く事ができますので、手ぶれの多い室内撮影ではオススメです。ただし、一眼レフのようなレンズが独立しているものは大きく数値を変えることも可能ですが、コンパクトデジタルカメラはこの数値を変更するのに限界がありますので注意してください。

次に三脚のようなカメラを固定するものを用意します。先ほど言いましたようにシャッタースピードが遅くなると手ぶれが激しくなりますので、カメラそのものを固定する必要があります。もし無ければぶれないようにしっかりと脇を締めて撮影する様にしましょう。

撮影してみよう

室内での基本的な撮影方法は先ほど述べたとおりです。では実際に撮影してみましょう。今回は料理を例にお伝えします。

まず先ほどの基本の通り、フラッシュを使わずにISO感度は800程度で撮影を行います。何枚か撮影してみると実際に見ている料理とは違うように見えてしまうのではないでしょうか。そこで露出補正機能を使いましょう。これは明るく過ぎたり暗すぎたりするのを調整してくれる機能です。料理でしたら明るめに補正してあげればよいでしょう。

それでも見えているものと色が違う…それならばホワイトバランスを使って調整します。普段はオートで撮影してみて、撮影状況に応じて変更するとよいでしょう。室内は使っている照明器具によって色がさまざまですので、それにあわせて調整するのもテクニックの一つです。

次に使えるテクニックは、どこから当たっている光で撮影するかです。撮影対象に順光・逆光・サイドのどこから光が来ているか、ということになりますがこれは逆光・もしくはサイドから光が来ている方がよいです。順光ですと影の凹凸がなくなり平たい写真になってしまいます。屋内ならば窓から入ってくる光や間接照明の配置を利用してあげればよい写真が撮れるでしょう。

いかがでしたでしょうか。屋内撮影での基本は光の量と色に気をつかう事です。これに注意していれば初心者でもセンスのある写真が撮れるようになるでしょう。SNSやブログなんかに写真をアップするのにも使えます。これを機に充実したインドアライフを楽しみませんか。