自宅にいるまま旅行も可能!?Google Street View

Google Street View
旅行には行ってみたいけど、いろいろ準備をするのは面倒だと考えている方は少なくありません。交通費もばかになりませんし、体力も要ります。もし道に迷えばせっかくの休日を無駄に過ごしてしまう可能性もあるでしょう。

ですが、もう数々のわずらわしい思いを感じながらでかける必要はありません。インターネットの発達により、現在は家にいながらにして世界各地をまわれます。あなたもインドア派の旅好きになってみてはいかがでしょうか。

世界の都市へと自由に行けるサービス「Google Street View」

2007年にGoogleがサービスを開始した「Google Street View」というものがあります。世界中の有名な大都市をはじめ、いろいろなカメラで撮影した風景を、Google MapやGoogle Earthで見られるというものです。

開始当初はアメリカ合衆国の主要都市のみしか見られませんでしたが、現在は日本やフランスなど、いろいろな国の写真を見ることができます。閲覧できる路上の写真を見ていると、あたかもその地にいるような気分になるでしょう。

風景はあらゆる角度から撮られており、写真から写真へまるで道を歩いているかのように移動することが可能です。歩いている人々の姿が映っていることもあるので、まるで日中に街中を歩いているような体験ができるでしょう。

プライバシーの侵害!?サービスを巡る問題

ただ、Google Street Viewはいくつかの問題点もあり、特にプライバシーの点でもめています。店や道路だけでなく、人の自宅などの写真も普通に写っており、悪用すればプライバシー侵害にもなりかねません。

つまり、下手をするとストーカーなどの犯罪を助長する可能性もあり、安易に「便利」の一言ですませていいものではありません。以上のようなことがあるため、現在はひんぱんに写真を更新することはしなくなったようです。

ですから最新の風景を見ることはできませんが、町の中の写真を見ていくことでいろいろな場所を歩いているような体験ができます。家にいながらにして旅行気分を味わうことができますし、安全でお金もかかりません。

いろいろなものを準備して本当に旅へ行っている気分になろう!

さらに、見ている場所にゆかりのある食べものなどを買ってくれば、本当に現地にいるような感覚が増すでしょう。さらにGoogle Art Projectなども併用すれば、あたかも観光ツアーに行っているような気分になれるはずです。

ですが本当に行ったつもりになって、人に話すのはやめた方がいいかもしれません。最新の情報ではないので、もし話した相手が実際に行ってきた人の場合は、Googleで見ていただけということがバレてしまいます。

つまり、あくまで一人で楽しむ、もしくはGoogle Street Viewとわかった上で話せるような友人と見るのが適しているでしょう。ですが今後さらに発展すれば、もしかすると本当に家から旅行体験ができる機能もできるかもしれません。