動画は見るものではなく投稿するもの?

今や動画は見るだけでは満足出来ないものとなりました。世界中の投稿者が、面白い動画をアップしようと切磋琢磨しています。レンタルに飽き足らず、ネット動画だけでは物足りないユーザーが増殖中です。

あなたもクリエイターになれるチャンス?

Youtubeやニコニコ動画といった動画投稿サイトでは、誰でもアカウントさえ作れば、動画の投稿を行うことが出来ます。そして、プロが作成したハイクオリティーな動画よりも、素人が作った動画の方がヒットしてしまうことも多々あるようです。

例えば、iPhoneなどでなんとなく撮影した子供の動画が、世界中の人から「かわいい!」「天使だ!」と賞賛されるとしたら、あなたも投稿してみたくなりませんか?ネットの可能性は無限大です。何がうけるかは、誰にも分かりません。

今や動画編集はみんなのもの

昔であれば、ちょっとした編集だけであってもムービースタジオをレンタルし、高級機材を使わなくてはなりませんでした。当然費用もかかるので、アマチュアが手を出すには敷居が高かったと言えるでしょう。

最近は、環境さえ整えば誰にでもプロフェッショナルに近いクオリティーの動画が作成出来るようになりました。パソコンに動画編集ソフトを入れ(はじめから入っている場合もあります)撮影した動画をハードディスクに移し、デジタル処理を行います。数種類のワイプなども用意されていますので、一見すると素人が作ったとは思えない仕上がりになることも多いです。

評価されるのは楽しい!

動画を投稿したあとに、さまざまなコメントがもらえるのも嬉しいところ。一人で作って一人で楽しむのでは、モチベーションも続きませんよね?

ニコニコ動画では、匿名性も手伝ってそれなりに厳しい意見を言われることもあるかも知れません。ですがそれにへこたれず、何度もムービーを作り続けることで精度もあがっていくでしょう。「面白い!」と評価されたあとは、また動画を作りたくなるはずです。

動画制作は、ドラマや映画を見るのとはまた違った楽しみ方が出来ます。今まで視聴者だったあなたも、軽い気持ちでクリエイターになることが可能です。インドア派のあなたも、世界中から絶賛されるムービーを目指して、まずは初投稿にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?