一人酒の楽しみ方!アルコールを楽しめる大人になるために…

アルコール
仲のよい友人や会社の同僚と集まって行うお酒の席。みんなで飲むお酒の醍醐味です。 しかし、友人や会社のお酒のお付き合いは相手の好みや飲み方、支払いなど気を遣うことが多いですよね。その上疲れていたり悩みがあったりすると、楽しくお酒を飲むことができないものです。そんな時は家で一人酒なんかどうでしょうか。一人で飲むのはさみしいと思うかもしれませんがそんなことはありません。そこで一人酒の楽しい飲み方をご紹介します。

一人酒で最高のリラックスタイム

一人酒の最大の魅力はリラックスできることです。好きなものを自分の予算の中で自由に気兼ねなく楽しむことができます。少し高いお酒を買ってみて独り占めしたり、変わったおつまみにこだわってみたりなんてこともできますし、何より他の人の気を遣うこともありませんから、自分の好きな映画や音楽をながしながら、本を読みながらなど自分の好きなことをしながらお酒を楽しむことができます。

一人酒ならコンビニを使おう

お酒やおつまみはどこで買おうかとお考えなら、どこにでもあって閉店時間も気にしなくていいコンビニがいいでしょう。最近のコンビニはお酒の種類が増えており、黒ビールやワイン、日本酒などがコンビニでも買えます。チューハイなんかは豊富にありますしちょっと一杯、と思ったならばコンビニはおすすめです。おつまみもおでんやホットスナック、お総菜、缶詰など安くてもおいしいものが手軽に買えます。最近は少し高級志向な缶詰も販売されていて、お酒に合わせたおつまみが手軽に選べるのもコンビニならではの魅力です。

おつまみを作ってみよう

コンビニで買ってきたものをレンジでチンしてビールで一杯。手軽で簡単ですが、たまにはおつまみをアレンジしたり作ってみたりしてみるのはどうですか。コンビニで売っているものに一手間加えるだけでおしゃれなおつまみが簡単に作れます。たとえばワインに合わせてチーズを買うなら、一緒にクラッカーを合わせてみるのもいいでしょう。

簡単に乗せるだけでいいですし、生ハムなんかを乗せてみるのもおしゃれいいですね。餃子の皮を使ってチーズとケチャップ、好みの具材を乗せて一口ピザなんていいかもしれません。お酒も氷を削って甘いチューハイと合わせてフローズンカクテル風にするという方法もありますし、自由にお好みのお酒をコーラなどのジュースで割って楽しむのもオススメです。

お酒はほどほどに

家で一人飲みは確かに気兼ねなくお酒を楽しむことができますが、緊張感がないためいつもよりも飲み過ぎてしまったなんてことも。お酒は楽しんで飲むのが一番です。悪酔いしない程度にするためにも、二杯までなど決まりを決めておくのがよいでしょう。また、適量でも毎日のように飲んでしまうと肝臓に負担をかけてしまい、健康によろしくありません。肝臓を休めるためにも、飲酒してから2~3日は日にちを開けるようにしましょう。翌日のお仕事が二日酔いで台無しに、なんてことは避けましょう。

また、男性は大量の飲酒によって下半身の元気がなくなることも少なくありません。一人酒であれば関係ないかもしれませんが、女性と一緒に楽しくお酒を飲むときに、普段と同じように飲み過ぎてしまうと大変な事態になる可能性も。「そんな時にはED治療薬のバイアグラ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は過度な飲酒は神経の伝達を悪くするので、バイアグラを飲んでも効果が出なくなります。どんな時も、飲みすぎには注意してくださいね。

一人酒の楽しみ方についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。一人で家飲みは気楽な上に手軽なだけではなく、工夫次第ではいろいろな楽しみ方ができます。家飲みをしておつまみを作っているうちにいつの間にか料理スキルが上がった、なんてことも。友達と家飲みなんて時にはそのスキルを披露することもできますし、お料理に合わせたお酒を選ぶような、より大人なお酒の飲み方もできるようになるでしょう。